メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

海自舞鶴総監部

ヘリのボルトなど紛失 飛行中に落下か

第23航空隊所属のSH-60K型哨戒ヘリコプター=京都府舞鶴市の海上自衛隊舞鶴航空基地で2017年11月、鈴木健太郎撮影

 海上自衛隊舞鶴地方総監部(京都府舞鶴市)は13日、第23航空隊所属のヘリコプター(SH-60K型哨戒機)の鉄製ボルト1本(長さ約2.7センチ、8グラム)とワッシャー(座金)三つの計4点を紛失したと発表した。機器のカバーの固定用で飛行中に落下した可能性がある。総監部によると、哨戒機は13日午前11時…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文226文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです