メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

復活へ 直球の質磨く ソフトバンク・摂津

復活に向けてブルペンで投げ込むソフトバンクの摂津=宮崎市の生目の杜運動公園で2018年2月13日、生野貴紀撮影

 主力中心のA組が投げる室内ブルペンの真裏。寒風が吹き込み、ファンもまばらな屋外ブルペンが今の“立ち位置”だ。ソフトバンクの35歳、摂津正投手。「どうせ寒いところで投げないといけないから」とコーチに勧められても必ず屋外を選ぶ。元エースとしてのプライドが垣間見える。

 球数が100球を超えてから捕手にサインを出させた。打者も立たせて「(カウントによって)使う確率が多いボールを…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  2. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  3. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]