メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

横浜FC、昨季に引き続きMF佐藤が主将に…副主将はGK南雄太ら4選手

情報提供:サッカーキング

MF佐藤は2011年に横浜FCに加入しており、来シーズンで在籍8年目を迎える [写真]=Getty Images
 横浜FCは、2018年シーズンのキャプテンを引き続きMF佐藤謙介が務めることを発表した。さらに、副キャプテンにはGK南雄太、FWイバ、MF中里崇宏、MF野村直輝の4選手が務めることも併せて公表されている。

 キャプテンに就任したMF佐藤は1989年生まれの現在29歳。中央大学から2011年に横浜FCに加入しており、来シーズンは在籍8年目を迎える。同選手はキャプテン就任に際し、以下のようなコメントを残した。

「2018シーズンもキャプテンを務める事となりました。昨年果たすことができなかったJ1昇格という目標を、チーム創設20周年という節目の年に達成できるよう、全力でチームを引っ張っていきたいと思います。選手、スタッフ、サポーター、全ての横浜FCに関わる人と共に1年間どんな時も戦っていければと思います。応援よろしくお願いします」

 また副キャプテンにはベテランGK南雄太をはじめ、FWイバ、MF中里崇宏、MF野村直輝の4選手が就任。上記の5選手を中心に、昨年10月に就任したタヴァレス監督が始動から指揮を執り、新シーズンへ臨む。横浜FCは2017シーズンの明治安田生命J2リーグを10位で終えており、上位進出や昇格を目指したいところだ。

【関連記事】
●岡山、DF近藤徹志の現役引退を発表「13年間ありがとうございました」
●湘南や大宮で活躍したFWムルジャの移籍が決定…新天地はスロベニア
●“ラーメン師範”盛田剛平、浦和レッズハートフルクラブのコーチに就任
●2018Jリーグキックオフカンファレンス、今年もDAZNでのライブ配信が決定!
●イバニェス、“Jのクラブ”へ移籍…Kリーグベスト11にも選ばれた実力者

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  2. 近鉄 ホームに沈む可動柵 新型、数年内導入
  3. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  4. 福岡4人水死 「離岸流」原因か
  5. 余録 日本人の目には、どう見てもひらがなの「も」である…

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです