メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

土について=近藤勝重

 毎日新聞の入社試験で出た作文の題が「土」だった。一緒に受けた友人に何を書いたのか聞くと、「人間は土から生まれ、土に返る」と書いたとか。すごいなあ。思わず声を上げていた。イモ掘りで爪が真っ黒になった話を書いていた自分のレベルを恥じつつ。

 大阪社会部時代の中年期、テレビドラマの「北の国から」をよく見ていた。全編にわたって心が揺さぶられたが、とりわけ印象に残ったのは主人公の純が中学卒業後、トラックに便乗させてもらい上京する場面だ。父親が運転手に1万円札2枚を封筒に入れて渡すが、札の隅に泥がついていた。「お前の父親の手についていた泥だろう。オラは受け取れん。お前の宝にしろ」。そう言う運転手に、純は土にまみれて働く父親を思い出し涙を流す。胸にくるシーンだった。

 「サンデー毎日」時代の50歳過ぎ、がんになった。自律神経の不調も原因とわかり、退院後は体調を取り戻…

この記事は有料記事です。

残り531文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです