メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

亀田佳明 1センチでも高く飛躍を 「岸 リトラル」に出演

亀田佳明=根岸基弘撮影

 ナイーブで繊細なたたずまい。が、舞台では役ごとにその印象ががらりと変わる。確かなセリフで、所属する文学座内外での活躍が続く。2~3月は、レバノン生まれの劇作家ワジディ・ムワワドが生と死を超えた父子の旅を描く「岸リトラル」(藤井慎太郎訳、上村聡史演出)に出演する。演じるのは、父を埋葬するため内戦の傷痕が残る父の故郷へ向かう青年ウィルフリード。「とてもえぐいところや、苦しいところはいっぱいありますが、ものすごく希望に満ちた作品に向かっていくような感じがしています」

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1202文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム真理教 「こんなことになるとは」 井上元死刑囚、執行直前
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 首都大学東京 「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始
  4. あおり運転 堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴
  5. 時の足音 オウム処刑と天皇制

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]