メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

亀田佳明 1センチでも高く飛躍を 「岸 リトラル」に出演

亀田佳明=根岸基弘撮影

 ナイーブで繊細なたたずまい。が、舞台では役ごとにその印象ががらりと変わる。確かなセリフで、所属する文学座内外での活躍が続く。2~3月は、レバノン生まれの劇作家ワジディ・ムワワドが生と死を超えた父子の旅を描く「岸リトラル」(藤井慎太郎訳、上村聡史演出)に出演する。演じるのは、父を埋葬するため内戦の傷痕が残る父の故郷へ向かう青年ウィルフリード。「とてもえぐいところや、苦しいところはいっぱいありますが、ものすごく希望に満ちた作品に向かっていくような感じがしています」

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1202文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実の娘に性的暴行 差し戻し審も父に実刑判決 福島地裁

  2. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  3. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 全米ライフル協会が破産申請 批判多いNY脱出、テキサス州で再編成へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです