メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

斎藤工、長編初監督「blank13」 瞬間を切り取る

長編映画監督に初挑戦した斎藤工=後藤由耶撮影

 13年間消息不明だった父と家族の物語を描いた「blank13」で長編映画監督に初挑戦した斎藤工。高橋一生やリリー・フランキーら出演者に台本を渡す際、「セリフの丸暗記は不要。現場で流動的に切り取りたい」と伝えた。

 その結果、「ほぼテストをしないでカメラを回していった。僕も役者なのでテストを重ねてどう見えるかをコントロールしてしまう。その隙(すき)をなくし、役者さんたちも楽しんでくれた」と感謝した。

 ギャンブル好きの父は多額の借金を作って家を出てしまい、残された母と幼い兄弟は苦労を重ねて生きる。放…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです