映画

斎藤工、長編初監督「blank13」 瞬間を切り取る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
長編映画監督に初挑戦した斎藤工=後藤由耶撮影
長編映画監督に初挑戦した斎藤工=後藤由耶撮影

 13年間消息不明だった父と家族の物語を描いた「blank13」で長編映画監督に初挑戦した斎藤工。高橋一生やリリー・フランキーら出演者に台本を渡す際、「セリフの丸暗記は不要。現場で流動的に切り取りたい」と伝えた。

 その結果、「ほぼテストをしないでカメラを回していった。僕も役者なのでテストを重ねてどう見えるかをコントロールしてしまう。その隙(すき)をなくし、役者さんたちも楽しんでくれた」と感謝した。

 ギャンブル好きの父は多額の借金を作って家を出てしまい、残された母と幼い兄弟は苦労を重ねて生きる。放送作家はしもとこうじの実話を映画化。「最初はコントにしようと思った。けれどだんだん人間ドラマに変わっていった」と経緯を明かす。そのため、俳優からお笑い芸人までさまざまな人が出演している。「足し算、引き算、かけ算で演技するいろいろな人がいて面白いものになった」

この記事は有料記事です。

残り170文字(全文549文字)

あわせて読みたい

ニュース特集