メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぶんかのミカタ

廃仏毀釈を問い直す/上 権力者や英雄、神格化の起点=国際日本文化研究センター名誉教授・末木文美士

 廃仏(はいぶつ)毀釈(きしゃく)というと、お寺に群衆が押しかけて仏像を壊したり、経典を焼いたりというイメージで考えられるかもしれない。そういう面がなかったわけではないが、その運動を引き起こしたもとには、維新政府の発した神仏分離令(神仏判然令)があり、そこには単に一時的な暴力ざたでは済まない大きな変革が意図されていた。

 近世までは神仏習合が一般的であったことはよく知られているが、その実態はしばしば誤解されている。神仏…

この記事は有料記事です。

残り1193文字(全文1403文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビルから鉄パイプが落下 通行人の男性重体 和歌山

  2. 「会社ってごみや」パワハラ自殺男性、両親にメール トヨタ側は当初「責任ない」

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. トヨタ社員がパワハラ自殺 「ばか」と言われ適応障害に 復職後、斜め前に叱責上司

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです