メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

篠木弘・葛尾村長 交流人口の拡大カギ 国道399号の自由通行を /福島

篠木弘・葛尾村長

 --この1年をどう振り返るか。

 コンビニや食堂が村内で営業を再開し、イベント用のフリースペースを設けた復興交流館、コメを5600俵保管できる農業用倉庫、村の新たな振興作物であるコチョウランの栽培施設などの整備が進み、ハード面で大きく前進した。

 --居住者は高齢者が多い。健康福祉の課題は?

 2017年11月から村の診療所に週1、2回、内科医に来てもらえるようになり医療環境は改善している。これから重要なのは病気の予防だ。村民の健康維持への意識づけや体を動かす習慣づくりをする必要がある。

 農業で体を動かすのは大切な観点で、パイプハウス1棟に40万円の補助金を出す事業を始めた。農業が年中…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです