特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第90回選抜高校野球

選抜旗持ち「実感」 中央学院で授与式 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤森庸一校長(左)から選抜旗を手渡される池田翔主将=我孫子市都部の中央学院高校で 拡大
藤森庸一校長(左)から選抜旗を手渡される池田翔主将=我孫子市都部の中央学院高校で

 <第90回センバツ>

 3月23日に開幕する第90回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)に出場する中央学院に14日、開会式の入場行進の際に出場各校の主将が掲げる選抜旗が授与された。

 我孫子市都部にある同校の体育館であった授与式には1、2年生約680人が参加し、ナインを拍手で迎えた。森章・県高校野球連盟副会長らが見守る中、校章をあしらった選抜旗は千代崎聖史・毎日新聞千葉支局長から藤森庸一校長へ、藤森校長から池田翔主将(2年)へと手渡された。

 藤森校長は「大変名誉に感じる。はつらつとしたプレーで、ぜひ千葉県で初となる選抜の優勝旗を持ち帰ってほしい」と語りかけた。相馬幸樹監督は「初出場で至らないところもあると思うがプレーでは初出場らしからぬ結果を出したい」と力を込め、池田主将は「選抜旗を手にして実感がわいた。甲子園でも中央学院らしいプレーをして優勝旗を持って帰りたい」と決意を述べた。【富美月】

次に読みたい

あわせて読みたい