特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

飛躍・日大三センバツへ

選手紹介/2 斉藤龍二捕手(2年) 守備も笑いも「要」 /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
斉藤龍二捕手 拡大
斉藤龍二捕手

 <第90回記念選抜高校野球>

 4歳上の兄の影響で、6歳で野球を始めた。背は小学6年で170センチに伸び、中心選手になった。中学で入ったクラブチームにいたのが、先輩の金成麗生、井上大成両選手(3年)。この2人を追うように日大三の門をたたいた。

 小学生のころからキャッチャーとしてチームに貢献してきたが、高校に入ると控えに回る日々が続いた。気持ちを奮い立たせてくれたのは「自信を持て」「斉藤にボールを受けてほしい」という仲間の励ましだった。

 昨秋に正捕手の座をつかむと、センバツ出場につながった東京大会1次予選、本大会とも、全イニングでマスクをかぶった。打撃も、昨秋の公式戦で大塚晃平外野手(2年)に次ぐ11打点を記録。下位打線の得点源として期待がかかる。前チームの正捕手、津原瑠斗選手(3年)は、目を見張る成長ぶりに「別人のようだ」と話す。

 リードの技術を磨くため、読書にも励んでいる。元プロ野球選手の著書を読み「配球の引き出しを増やす」ことを意識している。

 守備の「扇の要」は、チーム一の「いじられキャラ」でもある。コントを演じてみせたり、一発ギャグを飛ばしたりと、笑いでもチームの中心にいる。【蒔田備憲】=つづく


 右投げ右打ち▽身長170センチ▽体重77キロ▽50メートル6秒5▽遠投100メートル

次に読みたい

あわせて読みたい