ファシリティードッグ展

病児との写真80点 東京 /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
写真展オープニングセレモニーで語るキンバリー・フォーサイスさん(右端)らと2頭のファシリティードッグ
写真展オープニングセレモニーで語るキンバリー・フォーサイスさん(右端)らと2頭のファシリティードッグ

 神奈川と静岡の「こども病院」に常勤し、重い病気の子どもらに寄り添う「ファシリティードッグ」の写真展が14日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で始まった。15日の「国際小児がんデー」に合わせた企画で、18日まで。

 ファシリティードッグはNPO「シャイン・オン・キッズ」が日本に導入。手術室までの移動に寄り添ったり、ベッドで添い寝したりする。現在国内では2病院3頭にとどまっており、普及を目指す同NPOが活動を知ってもらお…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集