メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立長寿医療研究センター

新外来棟が完成 高齢者へ総合的治療 大府 /愛知

完成した新外来棟=大府市森岡町の国立長寿医療研究センターで5日撮影

 大府市森岡町の国立長寿医療研究センター(鳥羽研二理事長)に新外来棟が完成し、14日オープンした。老朽化した旧棟を建て替え、新たに世界初の施設という「ロコモフレイルセンター」などを開設した。高齢者それぞれの状況に合わせた総合的な治療を目指す。

 新外来棟は地上7階地下1階建てで、延べ床面積は1万6264平方メートル。25の診療科を持ち、250人の医療スタッフがいる。

 「ロコモフレイルセンター」は、これまで整形外科で診ていたロコモティブシンドローム(運動機能の低下)や老年医学科で診療していたフレイル(うつや軽度の認知症)、双方の原因といわれるサルコベニア(加齢性筋肉減少症)を、包括的に診療する。松井康素センター長(59)は「科を横断するだけでなく、栄養士や薬剤師などとも連携した総合的医療を目指す」と話す。

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです