メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国立長寿医療研究センター

新外来棟が完成 高齢者へ総合的治療 大府 /愛知

完成した新外来棟=大府市森岡町の国立長寿医療研究センターで5日撮影

 大府市森岡町の国立長寿医療研究センター(鳥羽研二理事長)に新外来棟が完成し、14日オープンした。老朽化した旧棟を建て替え、新たに世界初の施設という「ロコモフレイルセンター」などを開設した。高齢者それぞれの状況に合わせた総合的な治療を目指す。

 新外来棟は地上7階地下1階建てで、延べ床面積は1万6264平方メートル。25の診療科を持ち、250人の医療スタッフがいる。

 「ロコモフレイルセンター」は、これまで整形外科で診ていたロコモティブシンドローム(運動機能の低下)…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです