メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪城公園

バーベキュー全面有料化 ごみ不法投棄や場所取りで 今春から /大阪

大阪城公園のバーベキュー区域に開設されるプレミアムゾーンのイメージ=大阪城パークマネジメント共同事業体提供

 大阪城公園(大阪市中央区)で今春からバーベキューが全面有料化される。園内は桜の名所として知られ、2011年から春の期間限定で無料のバーベキューエリアが開設されていたが、ごみの不法投棄や無許可の業者による場所取りが問題になっていた。利用料で業者によるごみ回収を実施し、事前予約制を始めることで解決を図る。

 公園を管理する大阪城パークマネジメント共同事業体が市と協議して決めた。バーベキューの利用者の中にはごみを放置したり、コンロの火を消さないまま帰ったりする人がおり、職員が片付けていた。無許可の業者が広いブルーシートで場所取りするなどの問題もあり、有料化に踏み切った。効果を検証して来年以降も続けるか決めるという。

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです