メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ここであった戦争

史跡桜井駅跡史跡公園 「忠臣」「軍神」ひっそりと /大阪

乃木希典が書いた「楠公父子訣別之所」碑。そう広くもない公園に巨大な碑が並んでいる=大阪府島本町で、亀田早苗撮影

 JR島本駅前に「史跡桜井駅跡史跡公園」(島本町桜井1)がある。南北朝時代の武将、楠木正成が長男正行(まさつら)と今生の別れをしたとされる。親子は明治期から敗戦まで、天皇に忠義を尽くす教育勅語の教えを体現するシンボルとしてたたえられ、この一帯は「楠公精神」の教育の場だった。

 案内は、佛教大非常勤講師の塚崎昌之さん(61)にお願いした。

 いわゆる「桜井の別れ」だが、記者にはピンと来ない。

この記事は有料記事です。

残り1370文字(全文1564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです