メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大原治雄写真展

ブラジルの大地と家族 17日から神戸 /兵庫

 ブラジル移民として、農作業の合間にブラジルの大地や家族の姿の撮影を続けた大原治雄(1909~99)の写真展「ブラジルの光、家族の風景」が17日から、大原自身もブラジルに渡る前に過ごした「旧国立移民収容所」だった海外移住と文化の交流センター(神戸市中央区山本通3)で開かれる。

 大原は高知県生まれ。17歳の時、神戸港から一家を挙げてブラジルに移住し、原生林を切り開いてコーヒー農園を築いた。自らの結婚…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉でも無許可で豚解体容疑 ベトナム人を再逮捕へ 盗難家畜の違法処理横行か

  2. ショーン・コネリーさん死去 90歳 「007」のボンド役 BBC報じる

  3. 余録 映画「007」シリーズの第2作、「ロシアより愛をこめて」は…

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 「田分け」以上の愚行 大阪市廃止は投票で防げる

  5. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです