メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カメラ紀行

吉賀・柿木小 武蔵美大生が出前授業 黒板に学生が“大作”/作者が思い語る /島根

「これは誰?」。絵を見てはしゃぐ児童たちと作者のドル萌々子さん(左奥)=島根県吉賀町柿木村柿木で、横井信洋撮影

 「あっ、黒板がない」。吉賀町立柿木小学校の2年生の教室に一番乗りでやってきた男児が驚いた。縦1メートル、横3・5メートルの黒板いっぱいに童話「くじらぐも」を題材にした絵がチョークで描かれていた。「何? やばい」。男児は黒板に近寄った。

 武蔵野美術大(東京都小平市)の学生有志が、子どもたちに美術に関心を持ってもらおうと全国の小中学校に出向く「旅するムサビプロジェクト」の「黒板ジャック」の一コマ。同小では1月23日にあり、学生たちが児童に知らせず、前夜に各教室の黒板に絵を描き、登校時間に児童を驚…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  2. 「#FreeAgnes」 日本からも周庭氏逮捕への抗議続々

  3. 東京から青森に帰省したら中傷ビラ 「こんなものが来るとは」

  4. 東海道線、横須賀線、事故で一時運転見合わせ JR東日本

  5. 母の呼び掛けにやぶから声 「斜面を滑り落ち動かずじっと」 新潟小6男児保護

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです