特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

燃えろ聖陵

初めての春 選手紹介/6 隅田寛輝之亮投手/中村有投手 /愛媛

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松山聖陵の隅田寛輝之亮投手(2年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影 拡大
松山聖陵の隅田寛輝之亮投手(2年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影

 <第90回選抜高校野球>

打たせて取る制球 隅田寛輝之亮(かきのすけ)投手(2年)

 名の由来は「寛大で輝くように」。「亮」は諸葛亮孔明から取ったという。「お気に入り」だが「画数が多く、テストの時は不利」

 直球は最速118キロと速くないが、コースを投げ分けて打たせて取る投球が持ち味だ。変化球はスライダー、チェンジアップに加え、現在はシンカーの習得に励んでいる。

 昨夏の新人大会では松山東戦で登板するも、コントロールが定まらず2回2失点。自信を失いかけた。だが昨秋の県大会では新居浜南戦で1回を無失点に抑えた。「頑張ってベンチ入りして、気合でぐいぐい押していく投球を見せたい」

 広島県出身。料理が得意で寮のキッチンで焼きそばを作って振る舞うこともある。将来の夢は料理人だ。

変化球操る技巧派 中村有投手(2年)

松山聖陵の中村有投手(2年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影 拡大
松山聖陵の中村有投手(2年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影

 最速135キロの直球に、カットボールやチェンジアップなど6種類の変化球を投げる技巧派の右腕。エースナンバーを背負った昨春の県大会では決勝で完投するなど、優勝に貢献した。夏の愛媛大会はベンチ入りを逃したが、投球フォームを変え、復活を誓う。

 「体力に自信がある」といい、体育の授業では4キロ走で学年2位になったことも。今は球速を上げるために体重を増やす「食トレ」に励み、平良倭麻選手(2年)も「一番頑張っている」と認める。昨秋から5キロの増量に成功した。

 沖縄県出身。練習でも試合でも大きな声でチームを盛り上げる元気印だ。洋画や洋楽が好きで、中でも「ワイルドスピード」とその主題歌がお気に入り。

関連記事

あわせて読みたい