出前授業

和食器を使い給食おいしく 波佐見中央小 /長崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ござの上で正座をしながら給食を食べる児童
ござの上で正座をしながら給食を食べる児童

 東京都の給食用食器メーカー「三信化工」の学校食文化担当チーフアドバイザー、海老原誠治さん(44)が14日、波佐見町の町立波佐見中央小学校で6年生65人に出前授業した。海老原さんは和食器に描かれた模様の説明などを通して、食にまつわる日本の文化を紹介した。

 同社は「うつわから広がる食育」として、関東を中心に年間約100回の出前授業をしている。授業で使う和食器は波佐見町内の和山窯が製造しており、今回は…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集