メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出前授業

和食器を使い給食おいしく 波佐見中央小 /長崎

ござの上で正座をしながら給食を食べる児童

 東京都の給食用食器メーカー「三信化工」の学校食文化担当チーフアドバイザー、海老原誠治さん(44)が14日、波佐見町の町立波佐見中央小学校で6年生65人に出前授業した。海老原さんは和食器に描かれた模様の説明などを通して、食にまつわる日本の文化を紹介した。

 同社は「うつわから広がる食育」として、関東を中心に年間約100回の出前授業をしている。授業で使う和食器は波佐見町内の和山窯が製造しており、今回は…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NHKの体操番組に熱視線、5分で心をつかむ“裏切らない体作り”とは?
  2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです