特集

第94回センバツ高校野球

2022年に開催される第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。

特集一覧

春の舞台へ・18年センバツ

富島 ナインを支える特別後援会発足 応援団派遣など募金募る /宮崎

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
十屋市長(後列中央)と野球部メンバーら 拡大
十屋市長(後列中央)と野球部メンバーら

 <第90回記念選抜高校野球>

 第90回記念選抜高校野球大会に出場する富島高校の特別後援会の発足式が14日、同校内であった。会長に同校の黒木清PTA会長、副会長には馬場隆校長などがそれぞれ就いた。応援団派遣や選手の用具費などに向け募金活動に取り組む。

 式では黒木会長が「選手たちの甲子園での活躍を見られるよう協力をお願いしたい」とあいさつ。浜田登監督が「センバツでは必ず勝ち上がって、みなさんに勇気と希望を与える試合にしたい」と決意を新たにした。

 募金目標額は約6900万円。企業や市町村などを訪問しながら寄付を募る予定という。

日向市長訪問し抱負語る

 選手と監督らはその後、地元の十屋幸平日向市長を表敬訪問し、センバツへの意気込みを話した。

 中川大輝主将は「目の前の相手に集中して1試合でも多く戦えるように頑張る」と抱負を語り、十屋市長は選手を前に「甲子園では粘り強さを発揮してほしい」と激励した。その場でJA日向から特産の平兵衛酢ドリンク(125ミリリットル)240本が贈られた。【田崎春菜】

関連記事

あわせて読みたい