連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

太陽光買い取り、なぜ値下げ? 設置費用が低下 国民負担に配慮=回答・中井正裕

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 太陽光発電(たいようこうはつでん)の買(か)い取(と)り価格(かかく)が下がるんだって?

 記者 電力会社(でんりょくがいしゃ)が再生(さいせい)エネルギー事業者(じぎょうしゃ)から買い取る単価(たんか)(発電能力10キロワット以上の場合)は2018年度、発電量1キロワット時当たり18円と、17年度から3円下がります。年度ごとの見直(みなお)しが国の再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(せいど)(FIT)で決まっています。制度が始まった12年度は40円だったので、半分以下になりますね。

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1002文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集