メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
森友学園

国有地売却問題 財務省「内部文書」は5年保存 交渉記録「なぜ廃棄?」

財務省が新たに開示した文書。保存期間が「5年」と書かれている

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、財務省が新たに公表した20件の文書は保存期間が5年となっていた。一方、学園側との交渉記録について同省は「保存期間1年未満であり、廃棄した」と説明し続けている。新文書について麻生太郎財務相は「内部文書だ」としているが、文書管理の専門家から「なぜ内部文書より重要な内容が書かれている交渉記録の保存期間が短いのか」と批判が出ている。

 財務省が9日新たに公表したのは、学園が土地を買う前に賃貸契約を結ぶ交渉をしていた2013年8月~1…

この記事は有料記事です。

残り539文字(全文774文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 水泳オープンウオーター選手悲鳴!お台場は悪臭と猛暑Wパンチ「トイレみたいな臭い」(スポニチ)

  4. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  5. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです