メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

岐路に立つ有人宇宙開発 ISSの「きぼう」 建設開始から10年

 国際宇宙ステーション(ISS)にある日本の実験棟「きぼう」が来月、建設開始から10年を迎える。数多くの宇宙実験の舞台となったが、ISSの運用期限となる2024年以降は運用方針が決まっていない。「きぼう」を柱とする日本の有人宇宙開発の課題を追った。【酒造唯】

 ●微小重力の実験場

 「運用開始から10年近くが経過しますが、今でも少しずつバージョンアップを重ね、さらに利用しやすく効率的な宇宙実験施設を目指しています」。昨年末からISSに滞在し、きぼうで科学実験に取り組んでいる金井宣茂(のりしげ)宇宙飛行士(41)は今月7日、ツイッターにこう書き込んだ。

 ISSは高度400キロに浮かび、約90分で地球を周回する人類史上最大の宇宙施設だ。大きさはサッカー…

この記事は有料記事です。

残り1433文字(全文1759文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 兵庫・西宮 80代夫妻が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです