メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

浜松沖空自ヘリ墜落

操縦士、急降下気づかず 調査結果を公表

 航空自衛隊のUH60J救難ヘリコプターが昨年10月、浜松市沖で墜落した事故で、空自は14日、2人の操縦士が一時的に機体の姿勢や高度を把握できなくなる「空間識失調」に陥り、急降下に気づかなかったとする調査結果を公表した。高度計などの確認や乗員間の連携も不十分だったという。機体に問題は確認されなかった。

 空自によると、墜落したヘリは昨年10月17日午後6時過ぎ、訓練のため高度約300メートルを夜間飛行…

この記事は有料記事です。

残り196文字(全文397文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  2. 介護の母を殺害、長女に実刑判決 地裁 /熊本

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです