メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

医療事故

チューブ誤挿入、乳児が意識不明 大阪の市立病院

 大阪市民病院機構は14日、市立総合医療センター(大阪市都島区)で昨年9月、生後2カ月の女児に心臓手術をした後の処置で、気管に空気を送るチューブを医師が誤って食道に入れたため、女児が一時的に心肺停止になる事故があったと発表した。女児は低酸素脳症による後遺症があり、今も意識不明の状態という。

 機構によると、女児は生まれつき心臓病が…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文370文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです