医療事故

チューブ誤挿入、乳児が意識不明 大阪の市立病院

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大阪市民病院機構は14日、市立総合医療センター(大阪市都島区)で昨年9月、生後2カ月の女児に心臓手術をした後の処置で、気管に空気を送るチューブを医師が誤って食道に入れたため、女児が一時的に心肺停止になる事故があったと発表した。女児は低酸素脳症による後遺症があり、今も意識不明の状態という。

 機構によると、女児は生まれつき心臓病が…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文370文字)

あわせて読みたい

注目の特集