メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

スピードスケート 小平と高木美、切磋琢磨 8歳差、ダブルエース

スピードスケート女子1000メートルで2位と3位になり、そろって日の丸を手にする小平奈緒(左)と高木美帆=江陵オーバルで2018年2月14日、佐々木順一撮影

 【平昌・神足俊輔、岩壁峻】日本女子のスピードスケートをけん引してきた小平奈緒(31)=相沢病院=と高木美帆(23)=日体大助手=が14日、1000メートルで銀、銅メダルを獲得した。意識し合って互いを高めてきた2人。昨年12月に米ソルトレークシティーであったワールドカップ(W杯)で1分12秒09の世界新記録を出した小平の隣を滑ったのも高木美だった。

 このレースでは高木美も自己ベストを2秒近く更新。世界トップレベルだったにもかかわらず、小平に大差をつけられた。「同走者が世界記録。それが悔しいんだと思います。普通に負けるより悔しいんじゃないですかね」。感情を隠さなかった。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです