メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

フロリダの高校で銃乱射 17人死亡 容疑者拘束

 【ニューヨーク國枝すみれ、ロサンゼルス長野宏美】米南部フロリダ州パークランドの高校で14日午後2時半(日本時間15日午前4時半)ごろ、元生徒の男が銃を乱射し、少なくとも17人が死亡したと地元警察が明らかにした。14人が周辺の病院で治療中で、少なくとも3人が重体。警察はニコラス・クルーズ容疑者(19)を拘束、単独犯とみて動機を追及している。

 米主要メディアによると、犯行に使用されたのは殺傷力の高いAR15型半自動小銃で、弾倉も複数あった。容疑者は校舎の外で発砲を始め、廊下に入って乱射を続けた模様だ。地元のネルソン上院議員は連邦捜査局(FBI)の情報として、容疑者が火災報知機を鳴らして生徒を教室から出そうとしたと語った。標的の数を増やそうとしたとの見方をCNNは伝えている。ネルソン氏によると容疑者はガスマスクをつけ、発煙弾も所持していたという。当局は計画性の高い犯行とみているという。

 米CBSテレビなどが報じた乱射現場とされる動画では、銃声とみられる音が数十回続き、床に伏せた生徒たちが叫んでいる。

 事件を受けトランプ米大統領はツイッターで犠牲者の遺族に弔意を表明、「子供も教師も誰でも、米国の学校で安全でないと感じるべきではない」と述べた。

 事件が発生したのはフロリダ州の中心都市マイアミの北約70キロにある公立校、マージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、米メディアによると生徒数は約3000人。容疑者は昨年にトラブルを起こし退学処分を受けていたという。地元テレビによると、在学中に他の生徒たちが「学校で乱射するなら彼だ」などと冗談を言っていたという。

 米国では1月23日にも南部ケンタッキー州の高校で15歳の男子生徒が銃を乱射し同級生2人が死亡、17人が負傷。米主要メディアによると、今年だけで学校の発砲事件は18件に達したが、トランプ政権は銃規制に消極的と批判されている。米国では長年、憲法規定を根拠に反対派が銃規制強化に激しい抵抗を続けており、大量の死傷者が発生する乱射事件の防止に有効な対策は導入されていないのが現状だ。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです