与野党

ギャンブル依存症 対策法案一本化へ協議入り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 与野党は14日、それぞれが昨秋の特別国会に提出したギャンブル依存症対策基本法案の一本化に向けた協議に入った。与党は同法案を早期に成立させ、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案への理解を広げたい考え。ただ、一本化に慎重な立憲民主党などは欠席し、協議の行方は見通せていない。

 協議は自民、公明両党が呼びかけた。希望の党、無所属の会、日本維新の会が応じ、計5党・会派の衆院内閣委員会理事らが参加した。与党ワーキングチーム座長の…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

あわせて読みたい

注目の特集