裁量労働制

問題の数字、3年前から政府側の答弁で使用

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

厚労省の労働時間等総合実態調査

 不自然な点が指摘されている厚生労働省の労働時間等総合実態調査は、2013年に全国の1万1575事業場を対象に実施された。残業時間や割増賃金率の状況などを把握することが目的。問題の数字は、3年前から政府側の答弁の中で使用されている。

 調査では各事業場で働く人の平均でなく、事業場内の「平均的な人」を1人選び残業時間を調べた。こうして算出した全事業場の平均は1日当たり1時間37分で、政府はこれに法定労働時間(8時間)を加えた9時間37分を一般労働者の労働…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文607文字)

あわせて読みたい

ニュース特集