メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東芝

新会長・車谷氏「早期に復活」 収益力向上に期待

東芝の会長兼CEOへの就任が決まり、記者会見する元三井住友銀行副頭取の車谷暢昭氏=東京都港区で2018年2月14日午後2時13分、小川昌宏撮影

 東芝は14日の取締役会で、元三井住友銀行副頭取で英投資ファンド、CVCキャピタル・パートナーズ日本法人会長を務める車谷暢昭氏(60)を会長兼最高経営責任者(CEO)に迎える人事を決めた。債務超過解消のメドが立ったことで危機的状況を脱し、焦点は稼ぎ頭の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却後に、収益力をどう高めるかに移っている。東芝は車谷氏を招いた新体制で、新たな成長戦略を探ることになる。【古屋敷尚子、今村茜】

 「経営資源を集結して早期に復活させる。企業買収や大企業の危機対応で培った専門知識やネットワークを東…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1036文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大迫のツイッター批判受け、陸連が規定変更を検討 日本選手権後
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 現場から逃げた男、熊本県内で身柄確保 鹿児島の中学生襲った容疑者か
  4. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  5. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです