IS

最高指導者がシリアに潜伏か イラク紙報道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】イラクの政府系紙アッサバハは12日、過激派組織「イスラム国」(IS)最高指導者のバグダディ容疑者が生存し、イラク国境に近いシリア北東部の砂漠地帯に潜伏していると伝えた。イラク内務省当局者がIS内部の情報源から得た「確かな情報」という。

 報道によると、バグダディ容疑者は足を負傷しているほか、糖尿病も患っており、一人では歩けない状態という。空爆で負傷したとみられている。

 バグダディ容疑者の生死を巡っては情報が錯綜(さくそう)。ロシア国防省は昨年6月、露軍による前月のシリア空爆で死亡したとの見解を示したが、米軍高官は昨年8月、「生存を示す情報」があると述べた。

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文557文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集