メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
IS

最高指導者がシリアに潜伏か イラク紙報道

 【カイロ篠田航一】イラクの政府系紙アッサバハは12日、過激派組織「イスラム国」(IS)最高指導者のバグダディ容疑者が生存し、イラク国境に近いシリア北東部の砂漠地帯に潜伏していると伝えた。イラク内務省当局者がIS内部の情報源から得た「確かな情報」という。

 報道によると、バグダディ容疑者は足を負傷しているほか、糖尿病も患っており、一人では歩けない状態という。空爆で負傷したとみられている。

 バグダディ容疑者の生死を巡っては情報が錯綜(さくそう)。ロシア国防省は昨年6月、露軍による前月のシ…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文557文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです