メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

泰明小

アルマーニ制服で公取委総長「負担軽減に配慮を」

東京都中央区立泰明小学校=2018年2月8日、五味香織撮影

 東京・銀座にある中央区立泰明小学校が、イタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインを監修した「標準服」に変更する方針を示した問題で、公正取引委員会の山田昭典事務総長は14日の記者会見で「公立小も標準服や制服を導入するのであれば(保護者らの負担軽減を)考慮いただきたい」と述べた。

 泰明小の標準服は上着やシャツ、ズボンなどをそろえると計約4万5000円と、現在の2.5倍になり、セーターなどを加えると8万円を超すという。

 公取委は昨年11月、公立中の制服について、多くの学校が指定販売店などを見直していないことを指摘し「競争を促進することで制服の価格を安くできる」と提言している。公取委の調査では、公立中の男子制服は2016年で全国平均3万3000円と、10年間で5000円ほど値上がりしている。【渡辺暢】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです