メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

指導要領

必修「公共」 どうなる政治的中立

昨年10月にあった衆院選の模擬投票で各政党の主張から争点をまとめる生徒たち=玉川学園提供

政権の意向反映、領土教育重視し、道徳指導する場に

 高校の学習指導要領改定案で「公民」の必修科目として新設された「公共」。選挙権年齢が18歳以上に引き下げられたのを受け、主権者として社会参加する力を育てるのが狙いだが、安倍政権の意向を反映して領土教育を重視し、道徳を指導する場になることも明記された。教員からは「政治的中立」を巡って不安の声も上がる。【金秀蓮】

 「通訳者を増やせばいい」「英語の路線図の無料スマホアプリを作って配布しよう」。神奈川県立城郷(しろさと)高校(横浜市神奈川区)の1年生の授業。生徒たちは次々にアイデアを出していった。

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  2. 「アカデミー賞はどうなってるんだ」トランプ氏、韓国作品の受賞に不満

  3. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです