メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪スケート

小平と高木美、切磋琢磨 8歳差、Wエース

 【平昌・神足俊輔、岩壁峻】日本女子のスピードスケートをけん引してきた小平奈緒(31)=相沢病院=と高木美帆(23)=日体大助手=が14日、1000メートルで銀、銅メダルを獲得した。意識し合って互いを高めてきた2人。昨年12月に米ソルトレークシティーであったワールドカップ(W杯)で、1分12秒09の世界新記録をたたき出した小平の隣を滑ったのも高木美だった。

 このレースでは高木美も自己ベストを2秒近く更新した。世界トップレベルの速さだったにもかかわらず、小平に大差をつけられた。「同走者が世界記録。それが悔しいんだと思います。普通に負けるより悔しいんじゃないですかね」。感情を隠さなかった。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです