メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
解説

高齢社会対策大綱 「支える側」どう増やす

 少子高齢化が進む中で、私たちの暮らしの基盤となる経済や社会保障をどう継続していくか。「支える側」として中核を担ってきた現役世代の労働力が先細る以上、これまで「支えられる側」だった高齢者も、元気なうちは働いて「支える側」に回ってもらうしか道はない--こうした厳しい現状認識を踏まえ、政府は高齢社会対策大綱で政策の方針転換を表明した。

 「支える側」と「支えられる側」を区分しないこうした政策はスウェーデンなどの北欧で一定の成功を収めて…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文534文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです