メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

マルチプランナー・小西康隆さん 今夜も東京自由人、ひらめきは酒場で

「ここの焼酎、湯で割って飲むスタイルがいいんだなあ」=東京・神保町の「兵六」で、宮間俊樹撮影

 今夜も古本屋街の路地にちょうちんの灯がともる。東京に居酒屋は数あれど、創業70年になる神保町の「兵六」ほど味のあるところはそうない。夕方5時の口開けからイモ焼酎「さつま無双」を飲んでいるマルチプランナー、小西康隆さんも酒と時間がしみ込んだコの字カウンターに魅せられた。「ここで教わったんですよ。<ダレヤメの酒>なる言葉を。鹿児島では仕事を終え、一杯やることをダレヤメって呼ぶ。ダレは疲れ、それをヤメるからダレヤメ。すてきな言葉だなあと思いました」

 いつだったか、とある酒場でお見受けしたとき、お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんに間違えてしまっ…

この記事は有料記事です。

残り1659文字(全文1933文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]