佐賀・玄海原発

3号機、午後燃料装着 来月の再稼働目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 九州電力は16日午後、玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の原子炉に核燃料を装着する作業を始める見通しだ。21日に完了する見込みで、玄海3号機の再稼働手続きは最終盤に入る。3号機に核燃料が入るのは約7年1カ月ぶり。九電は3月中旬~下旬の再稼働を目指す。

 九電は24時間態勢で作業に当たり、使用済み核燃料プールから専用クレーンで193体…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

あわせて読みたい

注目の特集