特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。1月28日の選考委員会も速報します。

特集一覧

第90回選抜高校野球

由利工野球部 遠征終えて練習再開 「体づくりが必要」 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ミーティングで、メモを取りながら渡辺義久監督の話を聞く選手たち=由利工で 拡大
ミーティングで、メモを取りながら渡辺義久監督の話を聞く選手たち=由利工で

 <センバツ高校野球>

 茨城県へ遠征していた由利工(由利本荘市)野球部が帰県し、14日、同校での練習を再開した。

 遠征は9~12日に実施し、同県高萩市の市民球場などで汗を流した。守備やバッティング練習に力点を置き、土のグラウンドでの打球の弾み具合などを確認。渡辺義久監督は「(久しぶりだったが)選手のボールへの反応はさほど悪くなかった」と振り返った。

 また宿泊した旅館「さらしな」(北茨城市)は、2015年のセンバツに出場した大曲工が利用し、同校の阿部大樹監督が由利工に紹介した。また翌16年には21世紀枠でセンバツ出場を決めた釜石(岩手)も宿泊。両校とも甲子園で1勝を挙げ、縁起のいい宿だ。

 同旅館を営む平尾弘道さん(57)は「疲れを残さないよう、しょうが焼きなどで豚肉をたくさん提供した。見ていて気持ちいいほど食べてくれた」と話していた。

 13日は休養に充て、14日は練習開始前にミーティング。渡辺監督は「もう一段レベルアップするため、ウエートトレーニングでもう2キロ体重を増やす体づくりが必要」と選手に語りかけていた。【川口峻】

関連記事

あわせて読みたい