メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チンドン繁盛記

昭和外伝/3 「戦時体制」常態化 不況下の東京で定着 /東京

 喜楽家富士子と喜一がチンドン屋に参入したのは、年齢から数えてだいたい1931(昭和6)、32(同7)年と思われるが、31年は満州事変が起こり、日本が日中15年戦争へと突入するという「戦時体制」が常態化した年だ。前年の30(昭和5)年は、世界的金融恐慌と金本位制への変換が災いして昭和恐慌に陥り、倒産失業が相次いで農村は疲弊した。

 大不況下に、チンドン屋という職業が東京で定着していったのはなぜか。

この記事は有料記事です。

残り1511文字(全文1710文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです