メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

大庄屋、長澤家の名品 豊岡・歴史博 /兵庫

長澤家の名品の数々=兵庫県豊岡市日高町祢布の豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-で、柴崎達矢撮影

 豊岡市立歴史博物館-但馬国府・国分寺館-(豊岡市日高町祢布)で15日、ミニ企画展「旧家のイッピン!長澤家蔵出し名品展」が始まった。前期は4月24日まで、後期は4月26日から7月17日まで。

 長澤家は、豊岡市日高町府中新にあった旧家で、江戸時代の出石藩の大庄屋。旧家は2013年に取り壊され、その少し前から所蔵品を市が管理していた。今回の企画展の前期では、うち18点が展示されている。

 展示されているのは、「青銅水甕(がめ)」や料理に使われた懐石道具、菓子器、茶器、螺鈿(らでん)を施した豪華な重箱、5代目当主・長澤蓼州(りょうしゅう)の肖像などで、多くは江戸時代の物とみられる。博物館の担当者は「日高町にあった旧家の江戸時代の暮らしぶりを知ってほしい」と話している。ミニ企画展は入場無料(常設展と企画展は有料)。水曜休館(前期のうち3月21日は開館、翌22日が休館)。午前9時~午後…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです