メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

中3女子転落死/上 いじめ、組織で対応できず 遺族「相談したのになぜ」 法の理解不足露呈 /広島

大津市のいじめ自殺事件をきっかけに作られたいじめ防止対策推進法の条文=竹下理子撮影

 広島市立五日市観音中3年の女子生徒が昨年7月、校舎から転落して死亡してから半年あまりが過ぎた。遺族が「いじめによる自殺」と訴える中、市教委の第三者委員会(会長=林孝・広島大大学院教授)は今月5日、女子生徒が入学当初から亡くなる直前までいじめを受けていたと認定した。現状の問題や今後どのような対策が求められるかを2回に分けて報告する。【竹下理子】

 「相談があったのにいじめと認識できず、表面的な対応に終始した」。同校の大下茂校長は5日、第三者委の発表を受けて記者会見し、生徒へのいじめに組織として対応できなかった実態を明かし、謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り1099文字(全文1367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです