セブン-イレブン

“維新150年の味”ぜよ 県限定販売、特産使った4商品 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「明治維新150年」を記念し地域食材を生かした「ゆずもこ」や「羊羹あんぱん」など高知県限定の商品=高知県庁で、岩間理紀撮影
「明治維新150年」を記念し地域食材を生かした「ゆずもこ」や「羊羹あんぱん」など高知県限定の商品=高知県庁で、岩間理紀撮影

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブン・ジャパンは、明治維新150年を記念した商品の販売を県内で始めた。特産の土佐はちきん地鶏のほか、ユズやショウガなどを使った食品が店頭に並ぶ。「平成の薩長土肥連合」として歴史や観光PRを進める高知、鹿児島、山口、佐賀の4県内の店舗で、各県それぞれの限定品を販売するキャンペーンの一環。約2週間限定販売。

 同社は、4県と包括連携協定を締結し、観光振興などに取り組んできた。高知県内の店舗では14日から、4商品を販売。坂本龍馬が暗殺された日に食べようとしていたシャモ鍋をイメージした「土佐はちきん地鶏団子入りスープご飯」(498円)▽中岡慎太郎が栽培を奨励したとされる北川村産のユズ果汁を使った「ゆずもこ」(140円)▽県産ショウガがきいた「直巻おむすび鶏そぼろとシャキシャキ生姜(しょうが)」(150円)…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集