メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学芸記者の文学碑散歩

川柳作家 上野十七八 高炉台公園(八幡東区) 軽みのきいた句、人情伝える /福岡

上野の自筆が刻まれた碑。次女の書を手本に字の配置を考えたという

 北九州川柳作家連盟の初代会長で、「北九州の川柳の育ての親」と呼ばれた上野十七八。十七八は本名で「さかり」と読む。由来を尋ねられるたび「親父がだいぶん変わった人間だったようですなぁ」と説明したそうだが、川柳の17文字に通じる名前を気に入っていたという。

 官営八幡製鉄所に勤務し、戦前から戦後の約13年にわたり、所内の川柳結社「川柳くろがね吟社」の会長を務めた。

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1378文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 論点 日大アメフット部問題
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  5. 自殺偽装容疑 44歳姉を逮捕 弟に多額の保険金 堺

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]