メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外韓国の曺国法相が辞任表明
論点

米国抜きの温暖化対策

 先進国だけに温室効果ガスの削減を義務付けた「京都議定書」に代わり、地球温暖化対策の新たな国際ルール「パリ協定」が採択されて2年あまり。途上国も含め、国際社会が一丸となって取り組むはずだったが、トランプ米大統領の協定離脱表明(2017年6月)で先行きに暗雲が垂れこめる。米国抜きの温暖化対策はどう進むのか。

この記事は有料記事です。

残り4455文字(全文4608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. ラグビーW杯 くまモン、熊本最終ゲームで踊った

  4. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです