メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

野党共闘、第1党の責任 立憲民主は「太陽」路線を=影山哲也(政治部)

衆院本会議で代表質問をする立憲民主党の枝野幸男代表(手前)。奥右端は安倍晋三首相=国会内で1月24日、川田雅浩撮影

 現在の立憲民主党は、野党連携の中で他党を突き放す「北風」の立場になっていないだろうか。「多弱」の野党取材をしていて、最近そんな思いを強くしている。立憲民主党には野党第1党の責任を果たし、野党連携を主導することを求めたい。

 私は昨年9月14日のこの欄で、当時野党第1党だった民進党について「もう少しだけ見極めたい」と書いた。その民進党は2週間後の9月28日に希望の党への合流方針を決めた。安倍晋三首相による奇襲的な衆院解散への対応だったとはいえ、最終的に党をなくすという前原誠司代表(当時)の提案には驚いた。結局、希望の小池百合子代表(当時)の「排除」発言による混乱が続く中で民進系勢力は分裂。枝野幸男氏が「希望とは理念・政策が異なる」として結党した立憲が躍進した。

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文2019文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです