メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

野党共闘、第1党の責任 立憲民主は「太陽」路線を=影山哲也(政治部)

衆院本会議で代表質問をする立憲民主党の枝野幸男代表(手前)。奥右端は安倍晋三首相=国会内で1月24日、川田雅浩撮影

 現在の立憲民主党は、野党連携の中で他党を突き放す「北風」の立場になっていないだろうか。「多弱」の野党取材をしていて、最近そんな思いを強くしている。立憲民主党には野党第1党の責任を果たし、野党連携を主導することを求めたい。

 私は昨年9月14日のこの欄で、当時野党第1党だった民進党について「もう少しだけ見極めたい」と書いた。その民進党は2週間後の9月28日に希望の党への合流方針を決めた。安倍晋三首相による奇襲的な衆院解散への対応だったとはいえ、最終的に党をなくすという前原誠司代表(当時)の提案には驚いた。結局、希望の小池百合子代表(当時)の「排除」発言による混乱が続く中で民進系勢力は分裂。枝野幸男氏が「希望とは理念・政策が異なる」として結党した立憲が躍進した。

この記事は有料記事です。

残り1686文字(全文2019文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  3. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  4. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  5. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです