メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロシア

根づかぬ民主政治 大統領選「信任投票」 大串敦・慶応大准教授、ヤロスラブ・シュラトフ神戸大准教授の話

大串敦氏

「無政府」の時代、一因 大串敦氏 慶応大准教授(ロシア政治)

 ロシアで民主主義が定着していない原因の一つはソ連時代末期にさかのぼる。当時のゴルバチョフ大統領が始めた政治・経済改革(ペレストロイカ)により、統治機構そのものが壊れてしまった。その後にロシアが誕生したが、地方行政府が連邦政府の指示を聞かず、法の管轄も及ばなかった。2期目のエリツィン大統領が健康を害したこともあり、ロシアでは無政府状態に近い状況が10年くらい続いた。これは「権力の真空」と呼べるだろう。

 民主主義も支配の一形態に過ぎない。当時の欧米諸国はロシアで民主主義が定着することを後押ししたが、支…

この記事は有料記事です。

残り1101文字(全文1383文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです