メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

「学ぶ機会」を担保すること=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 宮城県気仙沼市で手編みものの会社を経営している。東日本大震災後に、誇りをもって働ける新しい仕事をつくろうと設立した会社だ。まだまだ小さく至らぬことだらけだが、ここまで会社を育てる中で、学ぶことは多くあった。

 編み手の仕事は出来高制で、自宅で自分のペースでできるように設計している。会社をつくる際、地域でいろんな人に話を聞くうち、仕事はしたいが介護や育児などで家を離れるのが難しいという人が多いということを知ったためだ。

 最初のうちは、地域の編み物上手な人に声をかけ、編み手になってもらっていた。しかし、漁師町で編み物の…

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文713文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 金融庁、わずか10日で削除「年金の水準が当面低下」などの表現
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 「香港人はあきらめない」 デモ参加の「民主の女神」周庭さん、東京で逃亡犯条例改正の撤回訴え
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです