メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

畠山理仁さん=2017年開高健ノンフィクション賞を受賞

畠山理仁さん

畠山理仁(はたけやま・みちよし)さん(44)

 「泡沫(ほうまつ)候補」。主要メディアがほぼ「無視」する人々を、フリーランス記者として各地の選挙で追って20年。自分の中に積もった彼らの思いを、ずっと形にしたかった。受賞作の「黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い」(集英社)にまとめた。視線は、共感と敬意が基調だ。

 「新聞に載るのは名前など『1行情報』だが、会うとパワフルで明るい。僕みたいな無名のライターに似たものを感じ、勇気づけられました」

この記事は有料記事です。

残り453文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. メルケル首相がトランプ米大統領を擁護? 発言録をドイツ文学者が読み解く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです