メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪2018

カーリング 1次リーグ 女子、開幕3連勝 韓国を終盤逆転 男子は初黒星

【韓国-日本】韓国に勝利し、笑顔を見せる藤沢五月(中央)=江陵カーリングセンターで2018年2月15日、佐々木順一撮影

 (第7日)

 女子1次リーグではLS北見の日本がデンマークを8-5で、韓国を7-5でそれぞれ破り、開幕3連勝した。

 男子1次リーグでSC軽井沢クの日本は、2014年ソチ大会銀メダルの英国に競り負け、1勝1敗。五輪4連覇を狙うカナダは無傷の3連勝。

 この日2試合目で地元・韓国と対戦したLS北見の日本は、終盤の逆転で連勝を伸ばした。

 チーム創始者の本橋、サード(第3投者)の吉田知那美には五輪出場経験があるが、ほか3人は初出場。司令塔のスキップ・藤沢の精巧なショットや、ブラシで掃くセカンド(第2投者)の鈴木の力強いスイープだけでなく、最初の2投を任されるリードの吉田夕梨花(ゆりか)の献身ぶりも見逃せない。

この記事は有料記事です。

残り2499文字(全文2802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 周庭氏を逮捕 民主活動家、「雨傘運動」学生リーダー 国安法違反容疑で香港警察

  2. 家族で登山中に行方不明の小6男児を無事発見 新潟・上越

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  5. 香港民主派リーダー周庭氏に有罪 「日本、世界の皆さんも注目してほしい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです