メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

光る企業力

九州・山口 リーフ(北九州市小倉北区) 患者の力で歩行訓練

 脳血管障害などで体にまひが残る人の歩行訓練を支援する機器「Tree(ツリー)」を開発した北九州市小倉北区のベンチャー企業「リーフ」(森政男社長)。センサーやカメラなどを使って患者に配慮した画期的な構造を持つ機器で、既に国内外の医療機関などで活用されている。学会では「従来の訓練に比べ歩行速度が向上しやすい」などの効果も報告されており、年内には国内で医療機器として登録し、販路を拡大する方針だ。

 ツリー最大の特長は、従来はつえを使い、介助する理学療法士の技能や経験に頼りがちだった歩行訓練を、音声やモニターでガイドするなど患者が取り組みやすいよう設計している点だ。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1101文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. アイリスオーヤマ、国内でマスク生産 月6000万枚供給へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです