米乱射

容疑者、白人至上主義団体に所属 自警訓練に参加

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【パークランド(米南部フロリダ州)國枝すみれ、ワシントン高本耕太】米フロリダ州パークランドの高校で17人が死亡した銃乱射事件で、地元紙は15日、ニコラス・クルーズ容疑者(19)が同州の白人至上主義団体に所属し、自警のための訓練に参加していたと報じた。事件を受け、トランプ大統領が同日、ホワイトハウスで演説し、教育現場の安全確保とメンタルヘルス対策に取り組むと述べる一方、銃規制強化には触れなかった。

 地元紙によると、クルーズ容疑者は白人至上主義団体「フロリダ共和国」に所属。メンバーの一人は、クルーズ容疑者が訓練に1回以上参加していたと説明。ただ、事件は団体が指示したものではないと強調した。この団体はフロリダで白人だけの国の設立を目指しているとされる。

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文913文字)

あわせて読みたい

注目の特集